老後に必要な資金とは?

老後の準備に必要なお金はどれくらいんんでしょう?
各世代別のアンケートを集計したデータがあります。
老後の夫婦の毎月の生活費は平均で32万円必要だと感じられてるようです。
余裕のある生活をしたいと思うと夫婦で38万円必要だそうです。
単純にこの金額を12カ月分、それを平均余命分かけると必要な老後資金という答えが出せます。
要はその金額を自身が老後を迎えるまでに準備しなければなりません。
そうしないと生きている間にお金が無くなってしまう事になる訳ですね。
月々の生活費からは自分がもらえる年金額を差し引いて計算をする事が出来る訳ですが、
今のままの年金制度が続き、私達が予定しているだけの年金をもらえるとは考えづらい状況があります。
ですので年の為ですが、基礎年金分のみをもらえたと仮定して計算してみる事にします。
年金がもらえない可能性についてはまた改めて他の機会に触れようと思います。
もらえて困る事は無いですがもらえると思っていたものがもらえないととても困りますよね?
だから最悪の場合は全くもらえない可能性も含めて準備をするという考えの人がいてもいいとは思います。

今回は老齢基礎年金はもらえる設定としますので、夫婦で満額もらえるとすると夫婦で月に12万円。
それを必要な生活費から差し引くと、月20万円ですね。
それを12カ月分×(65歳-現在のあなたの年齢)=必要な準備金額となります。
例えばあなたが30歳だとすれば20万円×12カ月分×(65歳-30歳)=7200万円が必要準備金になります。
結構な金額ですね。これを遅くとも65歳までの間には貯め込まなければいけないという事になります。

この費用は当然ですがある日突然貯まるという訳ではありません。
現在の皆さんの年齢から老後を迎えるまでの時間を逆算し、年間積立額、月刊積立額を割り出し、計画的に準備をする必要がありますね。
30歳の方であれば残り35年の間にその準備をする訳ですから月に約18万円ずつ貯蓄していく必要があるという事です。結構な金額になります。これに加えて子供が生まれて育児、子供の養育費、教育費がかかってくると平均的な一般家庭では非常に難しいはずです。なんだか落ち込んでしまいますね。
ただ暗くなって欲しくてこんな話をしている訳ではありません。
普通にしていたら難しいという事を感じて欲しいのです。
だからお金を増やす、稼ぎを増やす、という事はあったたらいい事ではなく必要なんだという事をわかって欲しいのです。
お金を増やすという事に関して、時間をかけられるという事は非常に大きなアドバンテージです。
それはお金を増やす方法には必ず利息、それも複利という利息を味方につける事が出来ます。
投資や運用というと、とかく怖い、というイメージを思いこみで持ってしまう人が多いのですが、時間をかける事や適切な勉強をする事でリスクは限りなく0に近づけた状態で運用をしていく事は可能なのです。
ですから1日も早く準備を始めて自らの保障を作り上げましょう。


このページの上へ

  • このサイトについて
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
0からはじめる資産運用