30代までに貯めグセをつけよう

20代の間というのは自己投資も含めなかなか手元にお金を残す事は難しいものです。
ただ30歳を一つの節目として貯蓄する習慣を身につけるという事はとても重要です。
というのは30代以降における貯蓄平均額の差を見て行くと非常にわかりやすいと思います。
図の様に上位30%の人の貯蓄額、年代の平均額、下位30%の人の貯蓄額というのは年齢を重ねるごとにどんどんと差が開いているのがおわかり頂けると思います。

そしてもう一つの図は世代別の貯蓄ゼロの世帯の割合です。
30代以降の貯蓄ゼロの世帯の比率というのは年代が上がってもあまり変動がないという事がお分かり頂けると思います。
という事は30代までに貯蓄の習慣を身につけるかどうかという事がその後の長い人生の貯蓄額、及び環境を大きく左右する要因になるという事を示しています。

とはいえなかなか貯金が出来ないという人も多くいるでしょう。
色々と原因はあるとは思いますが、貯金が出来る人と出来ない人とではお金の出し入れ、毎月の家計の考え方でわかりやすい違いがあります。
お金を貯められる人の生活費の考え方は 収入-貯蓄額=生活費 なのに対し、お金が貯まらない人の場合は、
収入-生活費=貯金 という考え方をしている人が全体的に見て非常に多いのです。
もしあなたがお金を貯めたいのであればまず貯金したい金額をお給料などが口座に入ったその日に別口座に自動送金してしまうか、貯蓄ようの口座と生活費用の口座を分ける事をおススメします。
これはパーキンソンの法則と言って、人は収入の額まで支出を増やしてしまう性質があるという事が研究を持って証明されているからです。
貯蓄額を残そうという事が出来ないという訳ではありませんが、貯まりやすい仕組みを持つという事は非常に重要な事だと言えます。
資産形成もまた毎月定額で引き落としされる形を取ると続けられる可能性が高まります。
自分の意思任せにせず仕組みを作る、ぜひお試しください。
効果てきめんですよ。


このページの上へ

  • このサイトについて
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
0からはじめる資産運用